今日は晴天、ぼけ日和

「なにかできることは、ありますか」シンプルな一言が持つ、確かな力

《介護士でマンガ家の、高橋恵子さんの絵とことば。じんわり、あなたの心を温めます。》

いつも、
あなたのそばに、咲く花。
けれど私には、見えない花。

私に、見えるのは
あなたの悲しみだけ。

だから、聞かせてほしい。
あなただけに見える、
その花の話を。

「トイレに、鳥が隠れてて、怖い」

もし、そんなふうに、
認知症がある方から

実際には無いものを、
あるものとして、相談された時
どう答えますか?

私が、新人介護士の頃の話です。

私は、実際にはいない鳥を
私にも見えているかのように
相づちをうちました。

すぐに、先輩の介護士に、
注意されました。

なぜならそれは、
ご本人を騙し、
余計な混乱を促すことに、
つながるからです。

私はただ、

「なにかできることは、ありますか?」

と、シンプルに聞くだけで
よかったのです。

そうすれば、ご本人が望む形で、
「トイレにいる鳥」を一緒に
追い出すことができたでしょう。

認知症があってもなくても。

困っている方への
サポートの仕方は、
なんら変わりがないのです。

《高橋恵子さんの体験をもとにした作品ですが、個人情報への配慮から、登場人物の名前などは変えてあります。》

前回の作品を見る

あわせて読みたい

この記事をシェアする

この連載について