今日は晴天、ぼけ日和

最期のお別れは、介護職の「よくあること」でもその悲しみにフタをしないで

《介護士でマンガ家の、高橋恵子さんの絵とことば。じんわり、あなたの心を温めます。》

悲しい知らせに絶句する介護者たち

その日、施設に知らせが届いた。

入院中の、あの方が亡くなったのだ。

『こんなにショックを受けてどうする。ほら、仕事、仕事』

「介護士をしてたら、よくあること」

それぞれに悲しみを閉じ込め、
いつもの勤務に戻っていく。

殻に閉じこもった女性に寄り添う男性

人との別れにも、慣れてしまった。

……そう強がった、自分を許して、また明日。

人から話を聞いただけで、
その人と最期のお別れを、済ませてしまう。

悲しいかな、そんな状況が、私たちには幾度となくやってきます。

特に介護職の方はそれが頻繁で、今回のマンガは「よくあること」のひとつではないでしょうか。

自身の悲しみよりも、まずは、
目の前の高齢者のケアに入らなければ。

介護職の方々は、そんな思いが根底にあるからこそ、別れの悲しみをおさえて、日々の仕事をまっとうされるのでしょう。

けれど、
気にしないふり、感じないふり、は、
知らぬうちに、心に大きなストレスを与えます。

自分はさておき、人のために生きる。
そういう優しい方が、どうしたって集まりやすいのが、介護職です。

人の最期を、悼む時間をつくることは、
ご逝去された方のためだけではなく、
ご自身の心の回復のためにも、必要なのです。

《高橋恵子さんの体験をもとにした作品ですが、個人情報への配慮から、登場人物の名前などは変えてあります。》

前回の作品を見る

あわせて読みたい

この記事をシェアする

この連載について