今日は晴天、ぼけ日和

笑顔が心を逆なでする時がある 目を合わせなくてもあなたに届く場所に

《介護士でマンガ家の、高橋恵子さんの絵とことば。じんわり、あなたの心を温めます。》

女性に威嚇する男性

真っ正面から、あなたは私を圧してきた。

いざとなったら噛み付くぞと、
歯をカチカチさせて。

男性の後ろに立つ女性

それならまず私は、後ろに立とう。

視線が合わない距離が、必要な時もある。

「コップ、使います?」「ん」

今日は、隣に立てる。
でも明日はわからない。

繰り返し、繰り返し。

暴力的な行為がある人へ介護を行うこと。

介護者がうけるストレスを想像するだけでも、気が重くなります。

話しあいや治療で、本人の暴力行為がおさまればよいのですが、改善の道のりにも支える手が必要です。

実際、私が訪問介護チームのひとりとして、
暴力的な利用者への介護中、重要だったのが「立ち位置」です。

言葉にすると、非常にあいまいになるのですが、間合い、のようなものでしょうか。

その日、ご本人の表情や動作が安定されるパーソナルスペースを探し、
出たり入ったりしながら、その都度対応を変えるわけです。

日によっては、介護者の笑顔が本人の気持ちを逆撫ですることもあるわけで、
それは「相手の目を見て、穏やかな表情で接しましょう」のような、基本的な介護技術から外れることでもありました。

人を支えることの難しさを感じつつ、今日もどこかで奮闘している、介護者の姿を思います。

《高橋恵子さんの体験をもとにした作品ですが、個人情報への配慮から、登場人物の名前などは変えてあります。》

前回の作品を見る

あわせて読みたい

この記事をシェアする

この連載について