今日は晴天、ぼけ日和

慣れはない 正解もない ベテラン介護士だからこそ学び続ける千差万別

《介護施設で働く漫画家、高橋恵子さんの絵とことば。じんわり、あなたの心を温めます。》

ドンドンドン「松原さん!」

松原さんは、うまく言葉が発せられない分、体で怒りを表す。

「何をすればいい?」「どう、声をかけたらいい?」「松原さんにはどうするのが正解なんだろう?」「これ以上、怒らせたらどうしよう」

松原さんの怒りに潜む、求めていることがわからない時、私は呆然とする。介護士としての客観性が揺らぐ。

あるがままのあなたに開かれていく、私の心

あなたが私に教えてくれること。

認知症が進んで、体で気持ちを表すしかない方が、時に攻撃的になることがあります。

「認知症のせい」と頭でわかっていても、私はいつになっても慣れません。

けれど驚くことに、
見事な対応をされる、ベテラン介護士さん達からも同様の思いを聞きます。
「決して慣れることはない」と。

思えば、十人十色の人の心の対応に、
慣れや、正解などあるはずがありません。

人生の終盤を迎える方々に、未熟な私は迷いながら、人の心というものを学ばせて頂くのだと思います。

《高橋恵子さんの体験をもとにした作品ですが、個人情報への配慮から、登場人物の名前などは変えてあります。》

前回の作品を見る

あわせて読みたい

この記事をシェアする

この連載について