今日は晴天、ぼけ日和

迫る最期 茶の間の介護ベッド 祖母の口元に耳を寄せた私 そして…

《介護施設で働く漫画家、高橋恵子さんの絵とことば。じんわり、あなたの心を温めます。》

祖母の最期が近い

その息は、あと数日の人のものでした。

「ひゃっこくなったらお終いだ」

日が昇り沈むあたりまえさで、死がやってくる。

そのまま今日もおやすみなさい

そのまま、そのまま、逝きました。

昔はいろりがあったお茶の間に、
祖母の介護用ベッドはありました。

普通に迎えた死の間際、
絶え絶えに聞こえた祖母のことばは、
「ありがとう」でした。

私たちはどんなふうに生き、
死にたいのでしょうか。

《高橋恵子さんの体験をもとにした作品ですが、個人情報への配慮から、登場人物の名前などは変えてあります。》

前回の作品を見る

あわせて読みたい

この記事をシェアする

この連載について