認知症、はじめました。

実家に積まれた箱の山…中から出てきたモノは?父が認知症、はじめました

認知症の父親をもつイラストレーターが、日々のエピソードを漫画にしました。押し入れを塞いでいたのは、アナタだったのね。

認知症、はじめました20「箱のなかみは」
実家では、いろんな箱がつみかさなって
押し入れの前をふさいだり
ドアを開けにくくしたりしている
箱の中身は・・・とりよせした食品とか
本、ノート、手紙、メモとか
年季の入った紙袋…しなしなにしっけてる
クリップ、テープ、ハンドクリーム、軍手・・・もはやルールが分からない
「あんた何?」毛糸のモップなど、出てくるものに、脱力することもしばしば。

次の回〈21〉のお話:実家にあふれる本を処分すると…思わず漏れた父の本音は

前の回〈19〉のお話:賞味期限切れビール「とっておいた」母は得意げ

こんな記事も

あわせて読みたい

この記事をシェアする

この連載について