認知症、はじめました。

「物を捨てられない」実家の母の言い分は 父が認知症、はじめました

認知症の父親をもつイラストレーターが、日々のエピソードを漫画にしました。子の心親知らず。父さんと母さんを心配してるのよ。

認知症、はじめました15「宝物」
それにしても、ちらかってるなぁ…
実家は物が多く、廊下や階段は、半分くらい物でうまっている
このままでは危険かも
「かたづけ? しなくていいわよ〜」と母さん
「つましく生きてきたから、物は捨てられないの。みーんな宝物なの」
宝物かぁ…何が入ってるんだろ
8年前の新聞購読料領収書1枚、使いさしの蚊取線香、ライター
「本当に宝物?」

次の回〈16〉のお話:実家の片づけをしたいが…難敵が次々と

前の回〈14〉のお話:「あの人は偉大だ」父さん、名医に憧れる。

あわせて読みたい

この記事をシェアする

この連載について