お悩み相談室

認知症の母が施設拒否。自宅介護で家族は限界。どう解決する?【お悩み相談室】

見守り支援を行う梅澤宗一郎さんが、介護経験を生かして、認知症の様々な悩みに答えます。

Q.認知症の母(75)を自宅で介護してきました。家族全員が心身ともに限界で、施設入所を考えていますが、母は絶対に入所しないと言い張ります。どのように説得すればいいでしょうか。(47歳・男性)

A. がんばって介護されてきたからこそ、心身ともに限界になってしまったんですね。本当に大変だったことと思います。介護によってご家族が壊れてしまってはいけません。介護をしているご家族には「完璧を求めない」「自分の時間をもつ」「介護の大変さを誰かに話す場をもつ」といったことを心にとめておいてほしいと思います。

一方で、誰でもそうだと思うのですが、人から「何十年も暮らしていた自分の住まいを別に移す」と言われたら、どう思うでしょうか? お母さんも感情を抑えられないくらい、たくさんの想いがあるのではないでしょうか? だからこそ、この問題は辛いですよね。

現在、介護サービスは何を利用されているのでしょうか?

私が関わったMさんの例です。ご本人もご家族も介護サービス自体を拒否されてきたケースです。1年以上かけて週1回の訪問介護からスタートすることができました。認知症の症状のあるMさんが1人の担当ヘルパーに慣れてきた時です。担当ヘルパーに少しずつ本音を話してくれるようになり「私がここにいると家族に大変な思いをさせてしまう」という、家族に対して申し訳ないという複雑な心境を話してくれました。

そこで、Mさんに何度も確認しながら、家族のため、そして自分が元気でいるためにデイサービスでの仲間作りや運動を進めていきました。信頼関係のあるケアマネジャーと一緒にデイサービスを見学し、週1回から利用が始まり、時間をかけながら週3回のデイサービスとショートステイまで利用するようになりました。数年後、自宅で骨折して入院したのを機にMさんは施設に入所することになりました。

私たちは、このケースが最善だったのかはわかりません。しかし、ご家族からは「途中で諦めずここまで自宅で母と暮らせたことに悔いはありません」と感謝の言葉をいただきました。

相談内容に戻ります。ご家族が限界とありますが、介護のプロや親戚などに任せられる部分はありませんか? Mさんの事例のように家族以外が関わることで選択の幅が広がり、新たな道が開けることがあります。少し離れる時間を作ってみることも有効な手段です。お母さんにとってもご家族にとっても大切な選択になると思います。悔いの残らないような選択をするためには、お母さんを説得するのではなく、お互いに納得のできる時間が必要なのだと思います。

〈つぎの質問を読む〉認知症の義父がデイサービスで暴言…やめてもらうには?

あわせて読みたい

この記事をシェアする

この連載について