今日は晴天、ぼけ日和

あなたの「ありがとう」は、いつか老いていく私の希望につながる

《介護施設で働く漫画家、高橋恵子さんの絵とことば。じんわり、あなたの心を温めます。》

「ありがとう」

ちょっとしたことで、ありがとうを言われると嬉しい。

お茶を入れてくださる女性へ「ありがとうございます」

きっとそれはお互いさま。

「ありがとうございます」

でも本当は、ただいるだけで。

高齢の方々は、
よく感謝を口にされます。

「会えてよかった、ありがとう」
「あなたがいると、ほっとする。ありがとう」

それは、なにかをしてくれたから、
ではなく、相手の存在そのものへの感謝です。

その感謝の在り方を思うと、
私が老いて動けなくなった時も、
希望を見つけられる予感がします。

《高橋恵子さんの体験をもとにした作品ですが、個人情報への配慮から、登場人物の名前などは変えてあります。》

前回の作品を見る

あわせて読みたい

この記事をシェアする

この連載について