今日は晴天、ぼけ日和

ぼけたって、あなたは私のお隣さん のんびり、共に暮らす町

《介護施設で働く漫画家、高橋恵子さんの絵とことば。じんわり、あなたの心を温めます。》

あなたと歩くのが好き

高齢の方の歩みは、のんびり。どこかのお宅のカレーの匂いも届く。

あなたの暮らしてきた町、あなたと生きてきた人たち

のんびり歩けば、誰かに出逢う。声をかければ、温かなまなざしの人たちばかり。

手をひかれてるのは私のほう

共に暮らすしあわせが、そこにある。



誰もが、歳を重ね、変わってゆく。
動作がおそくなったり、
おしゃべりが、的をはずれたり。

でも、周囲がその変化を『お歳だから仕方ないね』と、見守れたらしあわせだ。

そしたら私たちは、ぼけながらもみんなで暮らしてゆける。

《高橋恵子さんの体験をもとにした作品ですが、個人情報への配慮から、登場人物の名前などは変えてあります。》

前回の作品を見る

あわせて読みたい

この記事をシェアする

この連載について