今日は晴天、ぼけ日和

ぼけたって一人だって台所に 夫を亡くしたゆきさんが守る家庭の味

《介護施設で働く漫画家、高橋恵子さんの絵とことば。じんわり、あなたの心を温めます。》

「お待たせしました。特売でした!」「葉っぱまで美味しそうな青首ねぇ!!」ゆきさんは一人暮らし。身寄りはない。

ゆきさんがご主人を亡くしてから、もう十数年。

少々、ぼけても料理の腕はおとろえない。「一人分煮たって、美味しくないからね」

ゆきさんの煮物は、だしの効いた薄味。ご主人の体を思いやって、できた味。

生涯、ご家族を励ましてきた味。

その味は、永遠に。



認知症が深まっても、できることがあります。 

例えば、針仕事や草木の世話を、
変わらず続けている高齢の方は、
たくさんいらっしゃいます。

ぼけてもできること=生涯をかけて大切にされてきたこと。

体に染み込むまでしてきたそれこそ、
日々を輝かせる宝なのです。

《高橋恵子さんの体験をもとにした作品ですが、個人情報への配慮から、登場人物の名前などは変えてあります。》

前回の作品を見る

あわせて読みたい

この記事をシェアする

この連載について