認知症、はじめました。

水分補給は大切だけれど…母の自説それホント?認知症、はじめました

レビー小体型認知症の父親をもつイラストレーターが、日々のエピソードを漫画にしました。ある日、父親がもうろうとして様子がおかしく、かかりつけ医に連絡したのち、救急車を呼ぶことに。そして到着するなり、父親は緊急処置室へと運ばれて行きました。

認知症、はじめました180_こぼればなし60「なんで」
父が入院した頃のお話です
早春、父入院「ムググ」
血中のナトリウム濃度が非常に低くなる「低ナトリウム血症」だった。「なんでそうなっちゃったんでしょう」
認知症、はじめました_180_05。こぼればなし60_父が入院 母がキッパリ言い切った、その原因とは 父が認知症、はじめました
『わかんないもんなのかー。急にこんなことになるとは・・・。でも入院できてよかった』
父を病院へのこして帰宅する
「きっとアレだわ!! お父さんいっつもお茶ガブガブ飲むから」きっぱり
「そうなのかねー」「もう!! お父さんたらガブガブガブガブ」納得したいよね

認知症、はじめました。つづく……

前の回〈179〉のお話:平成から令和へ 変化があるもよし、ないもまたよし

あわせて読みたい

この記事をシェアする

この連載について