認知症、はじめました。

愛がゆえ? どんな球でも返しはスマッシュ! 認知症、はじめました

レビー小体型認知症の父親をもつイラストレーターが、日々のエピソードを漫画にしました。ものが捨てられないお母さん。食器棚はいつも、使わない食器であふれかえっていました。

認知症、はじめました176_こぼればなし56「うちの母力」
「何でこんなに使わない物をとっとくの?」たびたびわく感情 ぎっしり
「あんたが結婚するときに、ぜんぶあげようと思って」
うへえ
何十年も(?)戸棚で雑にしまわれていた物たち・・・ ナゾ・ナゾ・皿・カトラリー・皿・なべ・皿 うーん、おもい
おまけでもらったゆのみとかだよ・・・? 使ってないよ それにしても
なにげない話をしても カコン 卓球するふたり
何かと結婚の話で返してくる「結婚しろ」ゴウッ ヒッ
「母力」はまだまだ健在なのだった「おそるべし・・・」「だから早くいい人つれてきて」

認知症、はじめました。つづく……

次の回〈177〉のお話:「ふは~」カードで引っこ抜けるライフハック

前の回〈175〉のお話:みんないつかは…年寄り笑うな行く道だもの

あわせて読みたい

この記事をシェアする

この連載について