認知症、はじめました。

鳴くよウグイスいつだっけ 知恵と加齢は比例する?認知症、はじめました

レビー小体型認知症の父親をもつイラストレーターが、日々のエピソードを漫画にしました。歳を重ねた大人に抱いていたイメージ。自分が大人になったいま、そうでもないかと思うひわさんでした。

認知症、はじめました160_こぼればなし40「期待しすぎ」
自分にはぼんやりと、とある思いこみがあった
こんなの「人は年をとると知恵が増え人格者になる」
物知りで皆から尊敬される村の長老のイメージ「民よ、あわてるな」
「ばかになっちゃったの」
父は違ったようだ『まあ、そういうこともあるよな・・・』「このみかんも食べていい」
こうしてみると自分も 電車内「あっ」
ポンコツさが増し、知恵が増える気配もない『また逆方向のやつにのってた!!』
年をとれば知恵が増えるとかなんで思えてたんだろう ホーホケキョ

次の回〈161〉のお話:介護認定調査のあと 母はちゃっかり別調査

前の回〈159〉のお話:「豚」と「汁」だけ食べてトンズラ。偏食父さんのお変わり

あわせて読みたい

この記事をシェアする

この連載について