今日は晴天、ぼけ日和

遠くの国での戦争に過去を重ねる ほおを伝う近くの涙 心の声を聞いて

《介護士でマンガ家の、高橋恵子さんの絵とことば。じんわり、あなたの心を温めます。》

涙を流す人

誰かが泣いている。

声もなく、どこかで
戦争を嘆いて。

泣く人たち

誰かが一緒に泣いている。 

助けを求める人の叫びを
遠くに聞きながら。

誰かの声を聞こうとするするふたり

ふさぎたくなる耳。

それでも私たちの心は、
誰かの声を聞きとろうと
いつも、いつも。

今日。
第2次世界大戦を幼いころに経験された、
高齢女性と話しました。 

「つらい。また人が殺しあっている」

遠い国ではじまった戦争に、
涙をぽろぽろと流されていました。

私は返す言葉もなく、ただ聞きながら
自分も泣いていることに気がつきました。
 
それは、
凍った心が溶かされていくような体験でした。
 
戦争を知らない私たちは、
この始まってしまった戦争に
感情を押し殺しがちです。

日々の暮らしをこなすために、
自分の心や誰かを守るために、
必死です。

でも今、私たちは、
嘆き、涙を流すことも
時には必要ではないでしょうか。

人間らしい心を見失わないために。

傾聴とは。
誰かの心だけではなく、
自分の心に耳をすます行為なのかもしれません。

《高橋恵子さんの体験をもとにした作品ですが、個人情報への配慮から、登場人物の名前などは変えてあります。》

前回の作品を見る

あわせて読みたい

この記事をシェアする

この連載について