認知症、はじめました。

手がかりは住所と電話番号?介護サービスの謎 認知症、はじめました

レビー小体型認知症の父親をもつイラストレーターが、日々のエピソードを漫画にしました。要介護認定の申請は済ませたけれど、今できるのは、結果を待つことだけなのかしら?

認知症、はじめました154_こぼればなし34「ヒントほしい」
要介護認定の申請はしたけれど結果がでるまで約ひとつきと聞く「やったぞう」
ぐずに火がついた自分にはなんだかじれったい ムダにあしぶみ うずうず そわそわ
『なんかやっとくことないかな』と思っていたら
介護サービスの利用は結果が出る前から開始してよいと知る おー
「父さんはひとりで留守番したがらないのよねー」このへんの困りごとを解消できないだろうか
『こないだ市役所でもらった・・・』ゴソゴソ
介護サービスが使える事業所の一覧 「居宅介護支援事業所一覧」ずらーり
『住所と電話番号しか情報がない!!』どうやって選べばよいのか分からない

認知症、はじめました。つづく……

次の回〈155〉のお話:困ったときの地域包括 一件落着と思いきや…

前の回〈153〉のお話:これがホントの「こぼればなし」

なかまぁるの連載「認知症、はじめました。」が本になりました
本文:書籍でしか読めない、描き下ろしの「お父さん」も収録。
『ねぼけノート 認知症はじめました』あさとひわ(朝日新聞出版)発売中!!
詳細はこちらをクリック

この記事をシェアする

この連載について