みんなが心開いて「素」になれる場所 

25人分のみそ汁づくりをお手伝い~DAYS BLG!の活動報告 全国から②BLG諏訪編

なかまぁるは、それぞれの「私」が、自分らしく生き続けていくための情報をお届けします。DAYS BLG ! の連載コラム「全国から②BLG諏訪編」です
メンバーみんなで切った野菜をお届け

認知症の人と「ともに生きる拠点づくり」を進めるDAYS BLG!には、全国に仲間がいます。2019年から、同じ思いを持つ事業所とともにネットワークをつくり、「学び合いのプラットフォーム」100BLGがスタートしました。全国各地にあるBLGは、それぞれの土地柄や文化に応じた形で展開しています。特別編として、100BLGの仲間たちから、全国での活動報告をしていきます。第2回は、長野県諏訪市にある、BLG諏訪(小規模多機能 宅老所いぶき)からの報告です。

私たちBLG諏訪では、近隣のお店などからいただいたお仕事(有償ボランティア)を
メンバーの皆で行いながら日々を過ごしています。
今日は、近所の障がい福祉サービス事業所「森の工房あかね舎」さんの
食事用のみそ汁の具になる野菜を切りました。
「野菜が苦手な人たちのために、細かく切るみたいだよ」
と皆で教え合い、
協力しながら25人分の野菜をカットすることができました。

午後になり
「喜んでもらえるだろうか」
「ちょっとワクワクする」
と言いながら野菜を届けに行きました。

帰りには
「喜んでもらえた。仕事をやって良かった」
「直接顔が見れたし、話ができて良かった」
との声が聞こえました。

季節は冬で、諏訪の寒さは厳しいですが、
メンバー全員で乗り越えていきたいと思います。

なかまぁるは、それぞれの「私」が、自分らしく生き続けていくための情報をお届けします。DAYS BLG ! の連載コラム「全国から②BLG諏訪編」です
喜んでくれてよかったね

あわせて読みたい

この記事をシェアする

この連載について