今日は晴天、ぼけ日和

「認知症=忘れる」だけじゃない 多くの症状を理解して築く新たな関係

《介護士でマンガ家の、高橋恵子さんの絵とことば。じんわり、あなたの心を温めます。》

笑顔の人

あなたがあなただと、
認知症になっても私はわかっている。

あなたの優しさ、温かみ。
まさか私が忘れたとでも?

ほほえむ人たち

ただ、ちょっと迷う時があるのよ。

あなたの笑顔が
今まで私が出会った人たちの
笑顔まで連れてくるから。

微笑み合うふたり

あなたの笑顔が、運んでくれるもの。

それは、私の幸せ。
…たくさん、たくさん。

認知症=忘れる

…という単一のイメージは強烈に、
私たちに染み付いています。

けれど認知症の症状は多様で、なかには
「人の顔を判別しづらくなる」
というものもあります。

それは、「忘れる」とは、異なることです。

なので、例えば
認知症がある人に、間違えて名前を呼ばれた時

「私のことを、忘れちゃったのね」

と、すぐに結びつけることは、早合点かもしれません。

けれど、人によっては
「顔の判別ができなくなったら、それはもう忘れるということではないか」

というご意見もあるでしょう。

が、そこに
思考停止の危険はないでしょうか。

もうわかりあえないから、
との、あきらめからくる思考停止は、
お互いに辛いものです。

だからこそ
「忘れる」という単一のイメージから離れ、
多様な症状を知ること。

それは、私たちに
ひとりを理解する、
手がかりを増やしてくれます。

認知症が運んでくる、
新たな関係性は
必ずや、あるはずなのだから。

《高橋恵子さんの体験をもとにした作品ですが、個人情報への配慮から、登場人物の名前などは変えてあります。》

前回の作品を見る

あわせて読みたい

この記事をシェアする

この連載について