認知症、はじめました。

病も煙に巻くヘビースモーカー からくりは? 認知症、はじめました

レビー小体型認知症の父親をもつイラストレーターが、日々のエピソードを漫画にしました。禁煙が成功した途端に、白内障と認知症が発覚。タバコやめたせいかしらと、疑うお母さんでした。

認知症、はじめました143_こぼればなし23「検討しちゃった」
タバコがくいとめ説 ないないない「それはないよー」「そう?」即否定
後日— 『でもな』しごと中
父は、たしかに何十年もタバコと生活してきて
それでうまくまわってたわけで メンタル安定 ひらめき 気分転換
タバコが健康に貢献してきたといえなくもないのでは? 77才まで入院知らず
禁煙したらピタゴラスイッチみたくいろんな反応が連鎖しておこって・・・
最終的に 病気 みたいな・・・
『いや やっぱ ないな』白内障は防げないよな

認知症、はじめました。つづく……

次の回〈144〉のお話:後悔と満足を行ったり来たり 父の心と娘の心

前の回〈142〉のお話:お母さん、親切丁寧に新説を力説

なかまぁるの連載「認知症、はじめました。」が本になりました
書籍でしか読めない、描き下ろしの「お父さん」も収録。
『ねぼけノート 認知症はじめました』あさとひわ(朝日新聞出版)
詳細はこちらをクリック 

あわせて読みたい

この記事をシェアする

この連載について