認知症、はじめました。

母流、斬新な予防理論 きっかけはタバコ? 認知症、はじめました

レビー小体型認知症の父親をもつイラストレーターが、日々のエピソードを漫画にしました。お母さんとひわさんは、お父さんのこれまでの様子について話していました。

認知症、はじめました142_こぼればなし22「珍説」
「まあ、私も夏に会ったときに気がつかなかったもんなー」
お盆休み 「お寿司とろう。お父さんがごちそうします」
いざお寿司がきたら・・・「お父さんお金・・・」「なにそれ、母さんが払って!!」
「急にかんしゃくおこして変だなーとは思ったけど・・・」あのときからおかしかったのかな・・・
「父さん、これまでずーっとタバコ、タバコで何十年もやってきて、禁煙したらいいことしかないって言われたけども、白内障とか認知症とか不具合でてきちゃったじゃない」
「だからね」
「今まではタバコがくいとめてたんじゃないかしら」
「えっ・・・? 斬新!!」不思議と自信たっぷりな顔してました

認知症、はじめました。つづく……

次の回〈143〉のお話:病も煙に巻くヘビースモーカー からくりは?

前の回〈141〉のお話:ねえねえ、あのね。ニコニコ先生大好きです

なかまぁるの連載「認知症、はじめました。」が本になりました
書籍でしか読めない、描き下ろしの「お父さん」も収録。
『ねぼけノート 認知症はじめました』あさとひわ(朝日新聞出版)発売中!!
詳細はこちらをクリック

あわせて読みたい

この記事をシェアする

この連載について