みんなが心開いて「素」になれる場所 

仲間からの贈り物 〜DAYS BLG!の活動報告

なかまぁるは、それぞれの「私」が、自分らしく生き続けていくための情報をお届けします。DAYS BLG ! の連載コラム「仲間からの贈り物」です
甘い白桃に思わず笑顔が溢れます

私たちDAYS BLG!(以下、BLG!)では、活動の最後におやつを食べながら1日の振り返りをする時間があります。それぞれのメンバーの活動は違っても、何をしたのかを共有することで、みんなに知ってもらいます。メンバーさん本人の言葉で1日を振り返ってもらうことを大事にしています。
ある日の振り返り時間です。
「今日のおやつはなんだろう」とメンバーさん。
「なんと岡山県の方からいただいた白桃があります!今日はこちらをいただきましょう!」とスタッフ。
桃をきれいに剥くのは非常に難しいものですが、さすがBLG!は人材の宝庫です。ハワイでシェフをしていた経験もあるメンバーさんがいます。きれいにカットして器に盛り付けてくださり、美味しくいただくことができました。

ところで、なぜ岡山県から桃が届くのだろう?と思いませんか。
実は私たちはBLG!の価値を実現する拠点を全国に増やすプロジェクト「100BLG」を進めており、現在は拠点を十数カ所に拡げています。今回いただいた白桃は、岡山県井原市にある「BLGきのこ」からの贈り物だったのです。
こうして旬のもの、地域の名産を贈り合って交流を図ることができるのはBLGネットワークの面白いところです。また、オンラインでスタッフ同士の交流を図り、各事業所の経験を共有し、メンバーさんとのより良いコミュニケーションを模索しています。
このように、今あるBLGの拠点の質を高めながらも、拠点の数を着々と増やし続けていきます。
認知症になっても、要介護になっても、支える人と支えられる人という関係ではなく、地域や社会のつながりの中で、それぞれの人の思いを大切にしながら生活を続けていくことができる。そんな選択肢があるんだと、みんなが思える社会をつくることを目指して。

なかまぁるは、それぞれの「私」が、自分らしく生き続けていくための情報をお届けします。DAYS BLG ! の連載コラム「仲間からの贈り物」です
旬の白桃を頬張るメンバーさん

あわせて読みたい

この記事をシェアする

この連載について