認知症、はじめました。

でも安心して いいけどよくない父の症状 認知症、はじめました

レビー小体型認知症の父親をもつイラストレーターが、日々のエピソードを漫画にしました。何度もひわさんに「明日は病院だよね?」と聞いてくるお父さん。またお父さんの足音が近づいてきました。

認知症、はじめました132_こぼればなし12「いいのかな」
ガチャ「困った、どうしよう」
「どうしたの?」
「明日病院に行くのに、お金が見つからないんだ」
「明日は病院ないよ。それにね」
「お金はお母さんがちゃーんとしまってるから安心していいんだよ」
「いいの? いいのね? じゃあ」
「お父さんはもう、バカになっちゃっていいのね?」
いや、よくないけどさ どう返事したらいいんだ?

認知症、はじめました。つづく……

前の回〈133〉のお話:父娘だから通じる気持ち 何度もたずねるその裏に

前の回〈131〉のお話:診断翌日に足音で知る、父の現状

なかまぁるの連載「認知症、はじめました。」が本になりました
書籍でしか読めない、描き下ろしの「お父さん」も収録。
『ねぼけノート 認知症はじめました』あさとひわ(朝日新聞出版)
2021年6月7日発売
詳細はこちらをクリック 

あわせて読みたい

この記事をシェアする

この連載について