仲間と一緒に輝き続ける

ご近所さんの声にチカラをいただいています

わたしと一緒のメンバーさんは気合い入っています! なかまぁるは、それぞれの「私」が、自分らしく生き続けていくための情報をお届けします。この連載は、東京都八王子市のデイサービスで、認知症当事者スタッフとして働く、さとうみきさんが綴るエッセイです
わたしと一緒のメンバーさんは気合い入っています!

こんにちは、さとうみきです。
今回は、DAYS BLG! はちおうじ(以下、BLG! はちおうじ)のメンバーが行っているお仕事(有償ボランティア活動)の一つ、チラシのポスティングの様子を綴ります。

チラシのポスティングのお仕事は、BLG! はちおうじの近隣で行っています。

わたしもスタッフとして、他のスタッフのみなさんの工夫やチカラを借りながら、
メンバーさんと共にスムーズに活動ができるようになってきました。
スタッフのわたしへのさりげない優しさを
日々感謝しながら活動に参加しています。

ただ、最近のわたしには体調に波があり、お休みをすることもありました。
そうしたことから、久しぶりにメンバーさんとのポスティングをした時のことでした。
気温も暑くなってきたこの日は、
ゆっくりとメンバーさんと共にチラシのポスティングを進めていきました。
戸建てのお宅の庭先の花々が綺麗に咲き誇る住宅地を歩き進めていきます。

ポスティングをするメンバーさん!
ポスティングをするメンバーさん!

「次のこのお宅は〇〇さんお願いしまーす」
「足元の段差に注意してくださいね」
ポスティングをするメンバーさんに、わたしが少し大きな声で
そんな声かけをしながら進んでいくと、
玄関先にいらした住民の方が
「あら、ご苦労さまです。みなさんで楽しそう! 何かのグループですか?」

スタッフとして、説明をしなくては…
そう思いつつ、メンバーさんの返事を待ってみました。
すると
「デイサービスの活動で、まわらせて頂いております」

「あらー、ありがとう。気を付けて下さいね」
「コロナの中、マスクまでして暑い中ご苦労さまです」

みんなで「ありがとうございます」

そう後にしながら、メンバーさんと
「声をかけて下さるのは嬉しいね~」
そんな会話をしていると、
次から次に、何人もの方が、気さくに声かけをして下さいました。

コロナ禍で人に会うことが難しい日々が続いていますが、
久しぶりに、近所の人々と気軽にあいさつを交わし合った
子どものころのなつかしい記憶が蘇りました。
八王子にはまだまだ、そんな光景があることに嬉しさを感じました。

木陰で休むメンバーさん
木陰で休むメンバーさん

この日のポスティングを終え、
近くの公園で水分補給をしていると
木陰には心地いい風が吹いていました。

わたしは思わず、横に座っていたメンバーさんに
「こんなにいい空気、こんな環境のどこにコロナが…」
ポツリと呟いて、空をしばらく見上げていたかと思います。

水分補給をしっかりし、線路沿いを歩きながら、ゆっくり帰りましょう!
メンバーさんの力強い背中をみながら、
やっぱり素敵な仲間たちとの活動は楽しい!
自然と微笑みながら、とても心地いい気持ちでこの日を終えました。

締めはやはり、みなみちゃんの笑顔
締めはやはり、みなみちゃんの笑顔

ところで、わたしはよく、この連載を自分で書いているのかと尋ねられます。
ですので、少し執筆の裏側をご紹介します。

このときの気持ちを綴りたいと思ったときは、
スマートフォンで写真を撮り、自分のLINEに写真を送ります。
写真の下には、簡単な言葉を添えておきます。
文章を書く余裕があるときに
そのときの気持ちやココロを思い出せるようにするためです。

一日の終わりにゆっくりとぬるめの湯船に浸かりながら
まずは、スマートフォンで文章をまとめ、最後にパソコンでチェックしています。
このように、わたしなりに工夫しながら、この連載の原稿を書いています。

水分補給しながら、達成感に溢れるメンバーさん
水分補給しながら、達成感に溢れるメンバーさん
ポスティングが終わり軽快な足取り、腰が痛いと笑いながら歩く頼もしいメンバーさん
ポスティングが終わり軽快な足取り、腰が痛いと笑いながら歩く頼もしいメンバーさん

あわせて読みたい

この記事をシェアする

この連載について