認知症、はじめました。

気分転換したいのに…タイトルが頭に入らない? 認知症、はじめました

レビー小体型認知症の父親をもつイラストレーターが、日々のエピソードを漫画にしました。父親が認知症かもしれないと感じたひわさん。気分を変えようと、仕事帰りにレンタルビデオ屋さんに寄ってみました。

認知症、はじめました125「自覚」
準新作、ドラマ、ふらー
ふらふらー
うーん
『どれもぴんとこないなー』
タイトルがちっとも頭に入ってこない。ぼけえ
『なんかこう・・・気分が変わるものがいいんだけどな・・・』
ぼけー
『あっそうか、私、どうやら、けっこうショックをうけてるぞ』ようやくの自覚

認知症、はじめました。つづく……

次の回〈126〉のお話:人生イベント やっと止まったルーレットの先は

前の回〈124〉のお話:不安でいっぱいだからこそ、あえていつも通りに

なかまぁるの連載「認知症、はじめました。」が本になりました
書籍でしか読めない、描き下ろしの「お父さん」も収録。
『ねぼけノート 認知症はじめました』あさとひわ(朝日新聞出版)
2021年6月7日発売
詳細はこちらをクリック 

あわせて読みたい

この記事をシェアする

この連載について