認知症、はじめました。

1人の帰り道。しゃきっ!となる必須アイテム 認知症、はじめました

レビー小体型認知症の父親をもつイラストレーターが、日々のエピソードを漫画にしました。もしかしたらお父さんは認知症かもしれない。そう思って認知症について調べてみると、なかなか難しい内容ばかりでした。

認知症、はじめました124「これから」
『ひとまず帰ろう!!』
夜道を歩くひわさん
ガタンゴトン
『たぶんこれからが大変』
『明日はとりあえず実家だし、それからどうなるかわっからない』
『まだこれからなんだからしゃきっとしないと』
『しゃきっとしないと、しゃきっとしないと』
寄り道してました

認知症、はじめました。つづく……

前の回〈123〉のお話:母からのSOSに、一人娘立ち上がる

次の回〈125〉のお話:気分転換したいのに…タイトルが頭に入らない?

あわせて読みたい

この記事をシェアする

この連載について