へもでもできるもん

デイサービスに「とりあえず見学」ケアマネが感じた疑問と違和感

現役のケアマネジャー「へも」の周りでおこる出来事を、本人が描きおこします。デイサービスに見学にやってきた母子には、何か問題があるのでしょうか。

へもが所属している法人のデイサービス『わくわく アップル デイサービス』
「母の花野たねと、私は娘の花野広子です」「デイサービス管理者の大川です」「ケアマネジャー へもです」
「母は一人暮らしで寂しい思いをしているようで、デイサービスの利用を考えています」「なるほど」
「介護保険の仕組みはよく分からないけど、とりあえず見学に来ました」
見学中 「わー」
「私、ここが気に入った!! 楽しそう」『ここに決まるといいな』
「デイサービスを利用するにはケアマネジャーを介する必要があります。担当が決まっていないなら私はどうでしょう? ここに常駐してるし」ごりおしっ!! 「そうなんですね。お願いします」
「よかった!! これで私も再就職できます」『ん? 再就職? どういうことだ?』

次回「なぜか知っていた市の職員 書類の束に「嫌な予感」へもでもでき…る!?」こちら

前回「死にそうだった頃の私に教えてあげたい 人に頼ると笑顔が取り戻せることを」こちら

あわせて読みたい

この記事をシェアする

この連載について