認知症、はじめました。

ザ・内弁慶、面談で沈黙。その大義名分を語る 父が認知症、はじめました

レビー小体型認知症の父親をもつイラストレーターが、日々のエピソードを漫画にしました。老人保健施設に入所して早ひと月半。今後の方針を検討する、スタッフと家族の面談がありました。

認知症、はじめました。つづく……

次の回〈107〉のお話:あれ?父娘だから気付けた問題の重症度

前の回〈105〉のお話:リハビリの成果?お父さんの「圧」がプシュー

あわせて読みたい

この記事をシェアする

この連載について