認知症、はじめました。

にもつ、ほん、にもつ、にもつ、ほん、ソファ 父が認知症、はじめました

レビー小体型認知症の父親をもつイラストレーターが、日々のエピソードを漫画にしました。足腰の弱ったお父さんが1階の居間を中心に生活できるようにと考えたひわさんですが、なかなか準備が進みません。

認知症、はじめました。つづく……

次の回〈110〉のお話:100人載っても大丈夫なアレの中に広がる小宇宙

前の回〈108〉のお話:べそかくごときに臨むけど、一歩進んで二歩下がる

あわせて読みたい

この記事をシェアする

この連載について