認知症、はじめました。

「いたわり」の形は家庭それぞれだけれども 父が認知症、はじめました

レビー小体型認知症の父親をもつイラストレーターが、日々のエピソードを漫画にしました。いつもお母さんをこき使うお父さん。でもその割に私には日頃から、お母さんをいたわるようにと……なんだかな。

認知症、はじめました99「とらえかた」
「父さんも母さんにできることをしてあげたらいいと思うよ。頼りすぎないとか」やんわり伝えてみたけど
あんまり手応えはない
『悪気はないんだろうな・・・』
こんな風に考えてるのかな。私が母さんをいたわり、母さんが父さんをいたわる
いや、こういう感じかな。頂点に父さん、中間に母さん、下層に私
「お父さんたち家族はね、あらためて」
「2頭立ての馬車で足並みそろえて進べきだと思う」
こんな感じだった。私たち、「馬」・・・

認知症、はじめました。つづく……

次の回〈100〉のお話:祝100回!リハビリで友だち100人できるかな。

前の回〈98〉のお話:毎日来てね。もっといてね。フォローは丸投げ

あわせて読みたい

この記事をシェアする

この連載について