タカオ★FANTASISTA

介護ツールもダンスのお供に 今宵も自宅でシャル・ウィー・ダンス?

寝室やトイレには介護用のつかまり立ち棒が設置してあり、タカオさんが自分でベッドから起き上がったり用を足したりする助けに大いに役立っている。けど、持ち前の好奇心とアグレッシブな性格から本来の用途以外の使い方を探ることにも余念がない。深夜の演説や不思議なダンスのパートナーとして度々活用する様を見ていると、そのうちとんでもない使い方を発見するんじゃないかと不安がよぎったりもする。

I ask you a little, but what's fun about this?

アルツハイマー型認知症の実父「タカオさん」をモデルに、不思議な世界観をイラスト化している間学(あいだ・がく)さん。手がけた作品は、日本のみならず海外の人の注目も集めています。作品一つひとつの思いや、学さんがそこに見たものを教えていただきました。

次回:覆面盗賊タカオは、まるでファントマ。あなたのハートも盗まれそう?

前回:浦島の玉手箱を届けたのはクロネコだった?今日の通販は何だっけ

あわせて読みたい

この記事をシェアする

この連載について