なかまぁるセレクト 映画&本

『MCI・認知症のリハビリテーション Assistive Technologyによる生活支援』

『MCI・認知症のリハビリテーション Assistive Technologyによる生活支援』

【この作品は…】

ICレコーダーからロボットまで。私たちの生活を支えている様々な技術。それらをうまく活用することで、私たちの生活はより良いものになります。いつ何を用いれば良いのかを具体的にまとめた一冊です。

【あらすじ】

ちまたにあふれる様々な技術。ローテクからハイテクまで、さまざまなAssistive Technology(支援技術)の活用方法を体系化した、初めての本です。著者が、もの忘れ外来でのリハビリを通して行った35年間の研究とその実践例や、今後試したい斬新なアイデアが満載です。

【著者は…】

安田清(やすだ・きよし)
言語聴覚士、博士(学術)。2018年まで千葉ろうさい病院リハビリ科勤務。18年より大阪工業大学情報科学部客員教授、京都府立医科大学大学院医学研究科特任講師。斎賀医院(千葉県市原市)非常勤勤務。研究のテーマは失語症、記憶障害、認知症の支援、工学研究者らとハイテク支援など。

【書籍データ】

  • タイトル:『MCI・認知症のリハビリテーション Assistive Technologyによる生活支援』
  • 著者:安田清(やすだ・きよし)
  • 判型:A4判
  • 頁数:154頁
  • 価格:3,800円+税
  • 発売日:2018年12月25日
  • ISBN:978-4-900851-99-3
  • 発行:エスコアール

あわせて読みたい

この記事をシェアする

この連載について