参加する

【オンライン参加】丹野さんも登場。これから会議次回は「メディアの視点」

認知症カフェの「ニューノーマル」をみんなで考える「認知症カフェサミット『これから』会議」、4回目を開催します。このオンラインイベントは、新型コロナウイルス感染拡大を受けて、認知症の人や介護に携わる人たちの居場所であり、情報交換や相談の場である「認知症カフェ(オレンジカフェ)」がどのような状況に置かれ、どう対応しているのかを知るために実施した緊急アンケートをきっかけに始まりました。
さて、今回はメディアの中で認知症カフェにかかわっている4名をパネリストにお招きします。それぞれのメディアではどのように認知症を取り上げているのか、またメディアの視点から見た認知症カフェの今後について、ディスカッションを行います。
当日は、チャットでパネリストのみなさんに質問することができます。ぜひご参加ください。

日時

2020年10月18日(日)18:00~19:00(19:30まで延長する場合あり)

場所

オンライン

参加方法

Facebookのイベントグループに参加すると、グループページ上で視聴いただけます(定刻に配信が始まります)

内容

・イントロダクション:コスガ聡一さん(認知症カフェ案内人)
・ディスカッション:メディアは「認知症カフェ」や「認知症」について、何をどう、誰に伝えるのか。それぞれの取材経験を持ち寄って話し合います。なかまぁる特別プロデューサーの丹野智文さんにも、多く取材を受ける側の立場から議論に参加していただきます。
・参加者からの質問

ディスカッションパネリスト

・斉藤直子さん(フリーライター。週刊『女性セブン』(小学館)で「伴走介護」を連載中)
佐治真規子さん(ディレクター。NHKラジオ深夜便「認知症カフェ」担当)
・濱田研吾さん(ライター。パルシステムの情報誌『のんびる』で認知症カフェを取材)
・細川大地さん(テレビディレクター。石川テレビ「認め合う幸せ」制作)
(五十音順)

第3の司会

丹野智文さん(なかまぁる特別プロデューサー

モデレーター

コスガ聡一さん(認知症カフェ案内人)

司会

冨岡史穂(「なかまぁる」編集長)

参加費

無料

問い合わせ

なかまぁる問い合わせフォームまで

「コロナ禍を生きぬく~認知症とともに」 の一覧へ

あわせて読みたい

この記事をシェアする

この連載について