参加する

【有料】医師の視点&家族の視点で認知症ケアを考える(大阪)

医師の視点&家族の視点で認知症ケアを考える(大阪)

なかまぁるでも連載して頂いている松本一生先生による、認知症ケアについての講演会が行われます。

日時

2020年10月17日(土) 13:30~16:00

場所

ドーンセンター4階大会議室 ①(大阪市中央区大手前1丁目3番49号)
・京阪「天満橋」駅下車1番出口より東へ約350m
・地下鉄谷町線「天満橋」駅1番出口より東へ約 350m
・JR 東西線「大阪城北詰」駅2 番出口より土佐堀通り沿いに西へ約 550m

内容

講師:松本一生先生
医療法人圓生会松本診療所院長 老年精神科医、歯科医師、元大阪人間科学大学教授

認知症になっても、住み慣れた地域で共に暮らしつづける社会であるために、私たちができることは何でしょうか。また、認知症って予防できるものなのでしょうか。
認知症の第一人者として、認知症の人やご家族にやさしい眼差しで診療活動に当たられ、 現在は奥様の介護もなさっている松本先生に、認知症ケアについて、医師の視点、家族の視点からお話しいただきます。

参加費・定員

会員 500 円、非会員 1,000 円
先着75名(事前申し込み必要)

申し込み方法

こちらからチラシをダウンロードしていただき、裏面のFAX申込書を送付いただくか、E-Mailにて、お名前(ふりがな)、ご住所、電話、携帯、FAX、メールアドレス、所属・お仕事をご記入の上、お申し込み下さい。
※定員を超えた場合のみ、主催者より連絡があります。
※コロナウイルス感染の状況によっては、定員を削減しての開催となる場合もあります。

主催・お申し込み先

高齢社会をよくする女性の会・大阪
TEL・FAX:06-6762-0550
E-Mail:wabas-osaka@mbm.nifty.com

あわせて読みたい

この記事をシェアする

この連載について