今日は晴天、ぼけ日和

私は私を守る。知っています、あなたの本心は、傷つく私を望んでいない

《介護施設で働く漫画家、高橋恵子さんの絵とことば。じんわり、あなたの心を温めます。》

棒を振り上げる男性のイメージ

穏やかだった、あなたが
変わってしまった。

暴れる男性から身を守る人のイメージ

暴れるあなたから、
私は私を、守る。

涙を流す私に気づいて動きを止める男性のイメージ

私を傷つけないことが、
あなたの本心。

認知症のあり方は多様で、感情の抑制ができず、暴力的になることもあります。

時に、突発的に見える暴力行動ですが、
多くの場合、理由があります。

その理由は様々で、本人の口から聞けたらいいのですが、難しい場合は観察が必要です。

「排便のリズムが、よくないのでは?」
「○時に流れる音楽が、気に触るのでは?」
「○○さんの話を、聞きたくないのでは?」

……そうやって介護者は、日々の観察をもとに予測し、興奮の火種をあらかじめ、取り除いています。

しかしどうしたって、興奮されることもあるでしょう。

その時、介護者にとって大切なのは、
一番に、自分自身を守ること。

なぜなら、自分を守ることでようやく、
暴れる相手に対して冷静にむきあえるからです。

症状によって理性を失った、当人です。
本心は、介護者を傷つけることを望んでいません。

嵐が去ったあとも、お互いの心を守るために。

《高橋恵子さんの体験をもとにした作品ですが、個人情報への配慮から、登場人物の名前などは変えてあります。》

前回の作品を見る

あわせて読みたい

この記事をシェアする

この連載について