認知症、はじめました。

住めば都と言うけれど ココを都にするのあり?父が認知症、はじめました

レビー小体型認知症の父親をもつイラストレーターが、日々のエピソードを漫画にしました。父さんが退院後に移る、リハビリ施設を探しています。良いところが見つかりますように。

認知症、はじめました90「なじむ」
父が入院して3週間がすぎ
まだ転院先は決まっていない「おー、きたのか」
「さいきんはお灸をしてもらってるのよ」へーいいなあ
「そうそうN本さん、ネコ好きなんだって。いい人よ」『母さんも仲よくなってる』
父はもうだいぶ入院生活になれた様子
先生も親身になってくれるし「だいぶいいですよ」看護師さんも親切
「病院はそりゃきれいだし、いごこちいいでしょ」母も信頼してる
『なんかもうこのままここでリハビリできたらいいのになー』そういうわけにはいかないそうです

認知症、はじめました。つづく……

次の回〈91〉のお話:人気物件の空きを待つ。その間、娘はグムムムム

前の回〈89〉のお話:散歩の開放感がそうさせる?母娘の女子トーク

あわせて読みたい

この記事をシェアする

この連載について