お悩み相談室

認知症の母が真夏に厚着をします 熱中症が心配です【お悩み相談室】

介護支援専門員(ケアマネジャー)の長澤かほるさんが、介護経験を生かして、認知症の様々な悩みに答えます。

Q.母(79歳)が2年前に認知症と診断されました。最近厚着をするようになり、真夏なのにセーターを引っ張り出して、着込んでいます。熱中症になるのではないかと心配です。(52歳・男性)

A.認知症の人は、季節に合わない服装をすることがあります。また、私が以前担当した利用者の中には、夏なのにストーブをつけるという方もいました。こうしたことは、体温調節機能や気温の体幹機能、認知機能の低下によるものだと考えられています。ただし夏に厚着をする人は多くても、冬に薄着をする人は、少ないように思います。以前、認知症の方が「認知症になって不安感が強くなると、体を温めたくなります。洋服を着込むと安心するんです」と話しているのを聞いたことがあり、「なるほど」と思いました。認知症になると、暑さや寒さの感じ方が、そうではない人と違ってくることもあると思いますが、不安感も根底にあるのかもしれません。認知症の人は、自分の存在があやふやになるという不安感に、つねにつきまとわれているような状態です。その不安を少しでも和らげるために洋服を着込んでいる人に対して、無理やり脱がせるようなことはしにくいですよね。まずは「寒いの?」と聞いてみるといいと思います。そのときに額や手、首の後ろを触ってみて、汗ばんでいるようなら「汗をかいているから脱ごうか」と声をかけてみてください。

対策としては、セーターなどの冬の衣類はお母さんが自分では取り出せないような場所にしまっておくことだと思います。ただし、勝手にしまうのではなく、お母さんの尊厳を守るために「衣替えをしよう」と言って一緒に整理することをおすすめします。

認知症の人の手の届く場所に、危険につながるようなものを置かないことは介護の基本です。セーターなどの冬物によって、お母さんが熱中症を引き起こすのではないかと心配されていることは正しいことです。さらに、おおげさなようですが「セーター=危険なもの」という意識をもって実際に対策を講じることが大事だと思います。

【まとめ】母親が真夏なのに厚着をする。熱中症になるのではないかと心配なときには?

  • 認知症の人はつねに不安を抱えていて、着込むことで安心する場合があることを理解する
  • 母親の額や手、首の後ろを触ってみて汗ばんでいるようなら「汗をかいているから脱ごうか」と声をかける
  • 本人と一緒に冬の衣類を手が届かないところにしまう

あわせて読みたい

この記事をシェアする

この連載について