参加する

【オンライン生トーク】コロナと認知症カフェ。聞かせて、自治体の悩みや工夫

認知症カフェの「ニューノーマル」をみんなで考える「認知症カフェサミット『これから』会議」、3回目を開催します。このオンラインイベントは、新型コロナウイルス感染拡大を受けて、認知症の人や介護に携わる人たちの居場所であり、情報交換や相談の場である「認知症カフェ(オレンジカフェ)」がどのような状況に置かれ、どう対応しているのかを知るために実施した緊急アンケートをきっかけに始まりました。さて、3回目となる今回は、自治体職員という立場から認知症カフェにかかわっている5名をパネリストにお招きします。それぞれの自治体で行われている、認知症カフェや認知症への取り組みについてディスカッションを行います。
当日は、チャットでパネリストのみなさんに質問することができます。ぜひご参加ください。

日時

2020年9月6日(日)18:00~19:00(19:30まで延長する場合あり)

場所

オンライン

参加方法

Facebookのイベントグループに参加すると、グループページ上で視聴いただけます(定刻に配信が始まります)。

内容

・イントロダクション:コスガ聡一さん(認知症カフェ案内人)
・ディスカッション:各自治体での、with/afterコロナの認知症カフェや認知症の取り組みについて
・参加者からの質問

ディスカッションパネリスト

・川田喜久江さん(神奈川県横須賀市 福祉部 健康長寿課 介護予防係長)
・斉藤誠さん(千葉県浦安市 福祉部 高齢者包括支援課 課長補佐 高齢対策係 係長)
・谷口泰之さん(和歌山県御坊市 介護福祉課 認知症地域支援推進員)

・野瀬明子さん(岡山県総社市 長寿介護課 地域ケア推進係 主査)
・橋本沙由里さん(福島県いわき市 地域包括推進課 主査)
(五十音順)

モデレーター

コスガ聡一さん(認知症カフェ案内人)

司会

冨岡史穂(「なかまぁる」編集長)

参加費

無料

問い合わせ

なかまぁる問い合わせフォームまで

「コロナ禍を生きぬく~認知症とともに」 の一覧へ

あわせて読みたい

この記事をシェアする

この連載について