みんなが心開いて「素」になれる場所 

新型コロナウィルスの防護服づくり~DAYS BLG ! の活動報告

段ボールの型に合わせて
段ボールの型に合わせて

新型コロナウィルスに関して、緊急事態宣言が解除され、先日は東京アラートも解除されました。6月19日には都道府県越境移動の制限も緩和される予定となりました。これにより第一波の混乱も一休みとなりましたが、夏の終わりから秋にかけて第二波が来るとも言われています。

引き続き私たちDAYS BLG ! (以下、BLG !)では細心の注意を払いながら、メンバーさん(BLG ! では「利用者」という言葉は使いません)が言われる「仲間がいるから来たいと思える場」を維持し、いつもの場所で仲間との時間を共有できるよう活動を続けていきます。

マスクや手指消毒薬に関しては少しずつ流通が戻ってきましたが、防護服に関しては病院や施設で圧倒的に不足している状況が続いています。そんな中、知人を通じて紹介いただいたのが“風に立つライオン基金”です。こちらの基金から防護服づくりを依頼いただき、完成した防護服を1枚¥150で買い取っていただけるというもの。もちろんそのお金はメンバーさんの謝礼として分配されます。買い取られた防護服は全国の病院や施設へ納品されるそうです。

「なかなか難しいわね」
「(ゴム手袋をしているので)手にペタペタくっついちゃって駄目ね」
「ところで、これは何に使うんだっけ?」
「こんな簡易的なものでも防護服になるのね」
「ところで、これは何に使うんだっけ?」

さすが元保健師で活躍されていた女性メンバーさん。そして、写真奥の男性メンバーさんは柔道整復師として活躍されていました。BLGでの最高齢メンバーさんが手際よく防護服をつくっていきます。

お二人とも午後の活動で防護服づくりを選ばれ、たまたまですが、最高齢コンビになったのです。認知症があってもなくても、高齢でも若者でも、誰かの役に立ちたいという想いをカタチにしていくのがBLGです。ちなみに他のメンバーさんはこどもの国でベンチ清掃を選ばれていました。これも誰かの役に立ちたいという想いです。前田も見習わなければ…。

あわせて読みたい

この記事をシェアする

この連載について