今日は晴天、ぼけ日和

今日も、手を洗いたくなる希望がある。一緒に「ニャが生き」しようニャ

《介護士でマンガ家の、高橋恵子さんの絵とことば。じんわり、あなたの心を温めます。》

私はもう、先が長くないかもしれない。でも保護猫を引きとった。

一人暮らしの年子さんの家にやってきた、誰かが捨てた、幼い命。

先が長くないかもとひとり思っていた時は、なげやりに思う日もあったのに。

年子さんは、申し訳なさそうに話す。「この子と一緒に、長生きしたいなって思うようになったのよ」

先が長くないかもしれない。だから今日を精いっぱい。

「だから私、一生懸命、手洗いとうがいをしてるの」年子さんは今日も、希望と共に。

「もし、お母さんになにかあったら、私がその猫を引き取るから」

娘さんのその一言を頼りに、動物好きの年子さんは、悩み抜いた末、猫を飼いはじめました。

年子さんは私の、ご近所の方です。

新型コロナウィルスの拡大があってから、
年子さんは、

「もう私みたいな年寄りはいつ死んでも、仕方ないわね」とお話されていました。
けれど、それが本心なわけがありません。

誰もが命について思う時期です。

年子さんと、そして小さな命が、
私たちになにかを語りかけるようです。

《高橋恵子さんの体験をもとにした作品ですが、個人情報への配慮から、登場人物の名前などは変えてあります。》

前回の作品を見る

あわせて読みたい

この記事をシェアする

この連載について