なかまぁるセレクト 映画&本

『忘れてゆく樹とカブトムシ』

『忘れてゆく樹とカブトムシ』

【この作品は…】

日に日にいろいろなことを忘れていく一本の樹を通して、認知症について考える絵本です。

【あらすじ】

湖のほとりに立つ、たくさんのきれいな葉を身につけた一本の樹。いつごろからか樹は、約束や方角、季節を忘れ、ついに自分自身を忘れてしまいます。毎日、樹のもとへやって来るカブトムシは、そんな樹を優しく見守ります。

【著者は…】

しらこ
1996年、 岐阜県生まれ。大学で建築とデザインの勉強をした後、海外の風景画技法と色彩理論を学ぶ。現在は、書籍の装画を中心に活動中。
尾崎純郎(おざき・じゅんろう)
1967年、神奈川県生まれ。編集、文筆、グラフィックデザインなどを行う。NPO法人認知症ラボ理事長、ならびに株式会社harunosora代表取締役。

【書籍データ】

  • タイトル:『忘れてゆく樹とカブトムシ』
  • 著者:しらこ(絵)、尾崎純郎(おざき・じゅんろう/作)
  • 判型:B5版変型
  • 頁数:40頁
  • 価格:1,300円+税
  • 発売日:2020年3月7日
  • ISBN:978-4990736491
  • 発行:株式会社harunosora

あわせて読みたい

この記事をシェアする

この連載について