認知症、はじめました。

背後から忍び寄る人影…からの力技 父が認知症、はじめました

認知症の父親をもつイラストレーターが、日々のエピソードを漫画にしました。良い方法思いついたと思ったんだけど……無理矢理ごめんね。

認知症、はじめました63「ひらめきと天井」
あっ、そうか!! わかった!! 階段の前だとこわくて足がすくむんだから
まず廊下ですわっちゃえばいいんだ! しゃがんでから階段へ移動
「とーさん、こっちですわろうよ」
「毛布しいたよ、こわくないよ!」無視!
てんで無視!! 一向にのってこないので
後ろにまわって、ガシ
ヒザかっくんを強行
何十年かぶりに実家の天井を見た『私いま何やってるんだろう・・・』

次の回〈64〉のお話:「むがげがご…」謎のうめき声

前の回〈62〉のお話:階段のはしっこ。父は「セミ」になった

あわせて読みたい

この記事をシェアする

この連載について