介護施設で、あるある探検隊♪

封印された宝刀「グゥゥグゥゥ」と西川くんの野望 あるある探検隊の活動報告23

「あるある探検隊」のリズムネタで一世風靡したお笑いコンビ・レギュラーの松本くんと西川くんは、いま介護施設をまわっています。テレビや劇場の一般客相手と違って、施設の利用者さんたちを笑顔にするのは、やっぱり難しい! そんな2人が見つけた、今日の介護現場の“あるある”は――。

玄関先に置かれた「あるある探検隊体操」やってくる! の看板
写真は毎回、レギュラー公式マネジャーがスマホで撮影した「渾身」の1枚です!

「今日がお誕生日の入居者さんがいらっしゃいます。よかったらステージが終わったあと、ハッピー・バースデイの歌を歌っていただけますか?」

介護施設のスタッフからレギュラーの2人にそんなリクエストがあったのは、介護レクリエーションのステージ直前のこと。聞けば、その入居者はこの日で98歳。介護度も高く、「ご本人はお誕生日がわからないかもしれませんけど……」ということだった。

「なら、普通に♪ハッピー・バースデイと歌っただけでは、インパクトが弱いやろ」

そう考えた2人は、ハッピー・バースデイの歌に、西川くんの十八番である「気絶ネタ(片手を挙げて白目になり、グゥゥグゥゥと喉をならすネタ)」を挟んで盛り上げることに。

「お誕生日おめでとうございます! それではみなさん、手拍子をお願いします。♪ハッピー・バースデイ・トゥ……グゥゥグゥゥ」

鉄板ネタを織り込んだ誕生日ソングに、会場は笑いの渦……のはずだったが、どうも様子が違う。みんな、怪訝そうな顔で西川くんのグゥゥグゥゥを見守っているだけ。手拍子もまばらで、どうにも盛り上がらない。それでもめげずに続けていると、部屋の端のほうからこんな声が。

「もう、やめてあげーな!」

お誕生日のご本人をからかっているように見えたのか、見かねた別の入居者から“お叱り”の言葉が飛ぶ始末。懐刀のネタが完全に裏目に出て、大きなショックを受ける西川くんだった。

西川くん あれは、めちゃめちゃ傷ついたね。盛り上げようと気絶ネタを繰り出した途端、急に会場が静まりかえっちゃいましたからね。全否定やん。

松本くん 気絶ネタは、いわば西川くんの“三種の神器”のひとつやからね。場所が場所なら、拍手が鳴り止まない“鉄板ネタ”なのになあ。あそこまで露骨に否定されることなんて、なかなかないで。

西川くん もしかして……グゥゥグゥゥの音が小さかったんかな。

松本くん 西川くん、それはないな(笑)。あそこは、気絶の「♪グゥゥグゥゥ」は入れずに普通に「♪トゥー・ユー」やろ!

西川くん でも、北海道の施設では、80代のご婦人が僕の「気絶ネタ」のファンだったみたいで、「気絶を見に来たのよ」とノリノリやったで。あれは顔芸でもあるから、本当は高齢者にもわかりやすいはずなんやけどな。難しいもんやな。

松本くん まあ、好き嫌いが分かれるネタやね。パクチーみたいなもんやろ。喉を思いきり鳴らすから、実は体への負担も大きいし。

西川くん 気絶ネタは、そもそもは次長課長の河本(準一)さんの、「ウケへんかったときに急に寝る」っていうネタがあって、それを最初は松本くんが受け継ぎはったんやな。
 
松本くん そうや。でも僕は「ウケへんとき」がやたら多いもんで、グゥゥグゥゥ言い過ぎて喉を痛めてしもた。で、ドクターストップがかかって西川くんに引き継いでもらった。西川くんは気絶ネタの3代目やね。この3代目が、実は“鉄の喉”の持ち主で。1日5〜6ステージで「グゥゥグゥゥ」やっても、ぜんぜん大丈夫という(笑)。

西川くん それでも喉を痛めて病院に行ったことはあるで。先生が「『グゥゥグゥゥ』は1日3回までにしてください」って(笑)。ほんま体を張ってるし、あのネタはハマれば大きい。それに北海道では「これ見に来たのよ」って……。

松本くん それは聞いたわ! ちなみにあの誕生日のときだって、肝心の本人の反応もよくなかったやん。

西川くん いやいや、ご本人もチラッと、僕の気絶ギャグを見てたで。チラッとやけど。

松本くん ほんとにチラッとやないか。すぐに横を向いてしまったわ。たしかに、プレゼントのひとつも持ってこない知らない男に「グゥゥグゥゥ」言われてお祝いされてもなあ。
なんにせよ、なぜだか「気絶ネタ」の反応がイマイチだから、僕らの介護リクリエーションでは“封印”してるんよね。

西川くん もうトラウマレベルやで。最初は、介護レクリエーションでやるオリジナルゲームにも取り入れようかと試行錯誤したんだけどな。でも、もっと改良して介護現場の鉄板ネタにしようという野望は諦めてないでー。

松本くん 介護現場でのネタは、こうやって一つひとつ試しながら、研ぎ澄ましていってるからな。だから、いつもベストセレクション! ただし、くれぐれも1日3回までやで(笑)。

西川くん 松本くん、それはたしかにアルな!

あわせて読みたい

この記事をシェアする

この連載について