認知症、はじめました。

捨てたはずのゴミから発展「結婚して」「は?」父が認知症、はじめました

認知症の父親をもつイラストレーターが、日々のエピソードを漫画にしました。お母さんも、久々に娘に会えば、言いたいこと色々あるよね。

認知症、はじめました56「口論」
「なんでこないだ捨てた物をもどしてるの?」大きなインクじみがついた、もともと私のバッグ
「そんなこと、あんただっていいかげん結婚して安心させてよ」
「はー? それ、いま関係ないでしょう? もうちょっと片づけしなよって話でしょう?」
「親だもの!! そっちの方が心配なのは当たり前でしょ!! だいたいもう忙しくて片づけるヒマなんてないんだから!」
いろいろやりあって「じゃあ、もう帰るねっ」
関係がよろしくないときもある「信じられないっっ」
ガタトン ガタトン
『でも、たまに帰ってきてプリプリ怒る娘って嫌だよね・・・』感情ってムツカシイです

次の回〈57〉のお話:一人は不安でそわそわするの。春遠からじ?

前の回〈55〉のお話:上着ばしゃっ!おかずびしゃっ!東北流の気遣い?

あわせて読みたい

この記事をシェアする

この連載について