介護施設で、あるある探検隊♪

ご長寿にパネルクイズ!の盛り下がりぶり あるある探検隊の活動報告6

「あるある探検隊」のリズムネタで一世風靡したお笑いコンビ・レギュラーの松本くんと西川くんは、いま介護施設をまわっています。テレビや劇場の一般客相手と違って、施設の利用者さんたちを笑顔にするのは、やっぱり難しい! そんな2人が見つけた、今日の介護現場の“あるある”は――。

レギュラーと介護施設のみなさん
写真は毎回、レギュラー公式マネジャーがスマホで撮影した「渾身」の1枚です!

レギュラーの2人が介護レクリエーションで意識しているのは、マイク1本で利用者を楽しませられること。だけど、たまには失敗も……。

ある介護施設では、利用者たちにパネルを使ったクイズを出題して微妙な雰囲気に。 クイズ自体は簡単で、たとえば「とにかく明るい〇〇」と書かれたパネルと本人の顔写真を利用者に見せて、芸人の名前を当ててもらう。ところが、これがどうにも盛り上がらない。

「とにかく明るい?」
松本くんが問いかけても、会場はシーン。

正解は「安村」。だけど、「パンツ1枚で上半身裸」などとヒントを出しても、シーン。「とにかく明るいヤスム……?」まで言っても、まだシーン。仕方なく正解を発表しても、「安村か。そうか」と言うだけで、まったく興味を示さない。

一方で名前や定番ギャグを聞くだけで、めっぽう盛り上がるケースもある。
「アホの坂田」(ドカン!)
「村上ショージ」(ドカン!)
「ドゥーン」(ドカン!)

もはや“笑いの記号”として高齢者の脳に笑いのスイッチを入れる伝統芸。その底力に、とにかく敬服するレギュラーの2人だった。

松本くん 一般的に介護レクリエーションというと、たとえば風船とかボールとか身近な道具を使うことが少なくないやん。でも僕らが大事にしているのは、モノを使わないレクリエーション。芸人の強みを生かして、マイク1本で利用者を楽しませるのが理想やね。

西川くん 事前にネタ合わせをして、「これなら盛り上がるんじゃないか?」という自信のレクリエーションを披露しているからね。実際にやってみて、残念ながら盛り上がらなかったネタは切り捨てて、いまは「精鋭部隊」だけが残って、ある程度の数がまとまってきたところやね。

松本くん だけど、パネルを使ったクイズをやったことがあったやん。あれってそもそもテレビ番組が取材に来てくれたのがきっかけ。テレビ的に映えるかも、と道具を使ったレクリエーションを試しにやってみたんよね。

西川くん そうそう。芸人の名前を完成させるクイズやね。それにしても、あの盛り下がりぶり。いったいどういうことやろうね。

松本くん 思うんだけど、みんな“間違えたくない”んやないかな。前回のコラムで紹介した「トントンサスサス」なんかは、若い人でも普通に間違えるやんか。それにみんな一緒にやるから、ちょっとくらい間違っても注目されないっていうのはあるね。

西川くん あるある。リズム型のレクリエーションは、音を聞いて、身体を動かして、頭を使う。だから認知症予防のトレーニングとしていろんなメリットがあると言われているけど、もしかしたら、「みんなで一緒にできるから、間違えても平気」というのが一番のメリットかも知れへんな。
かたやパネルのレクリエーションは、答える人に会場中が注目してしまうもん。間違ったらみんなの前で恥ずかしいという気持ちになるのかも。だったら答えないでおこう、みたいな。

松本くん お笑い用語で「かぶせ」ってあるやんか。ボケの上にさらにボケを重ねて笑いを取るテクニックやね。施設でクイズをやると、知ってか知らずか、利用者さんたちの「かぶせ」のテクがよく出てくるけど、あれも同じことかも。

西川くん ゴハンの上に牛肉が載った丼は?というクイズで、たとえば1人が「カツ丼」と間違えるやろ。僕らはそれを「おしい!」とツッコむ。で、隣の人に同じ質問をぶつけると、「うーん、カツ丼?」みたいなお答え。さらに隣の人も、隣の人も、どんどんかぶせのテクが伝染していって、みんなが「カツ丼」と答えることもあったね。

松本くん あれも間違えて恥をかきたくないから、とりあえず隣の人と同じことを言っておこう、みたいな気持ちなのかもしれないね。だから正解があるゲームはとくに、恥をかかせないようにうまく利用者さんを巻き込んで、笑いに変えていくことが必要やね。

西川くん その点、リズムネタは気楽やね。みんなで間違えれば怖くないし、失敗してもみんなで笑えるもんな。あるある探検隊のスキルがレクリエーションに生かせるし。

松本くん 芸人のスキルと、介護レクリエーションのスキルはかぶるところが多いよね。今回の吉本“直営業”問題でも、謹慎中に介護施設を慰問した芸人さんがいたって報道されてたやんか。騒動の善し悪しは置いておいて、僕ら介護レクリエーションに携わる芸人としては、単純にいいことだと思うんよ。芸人さんが施設に慰問にいけば、利用者さんは手放しで楽しんでいるはず。喜ぶ顔が目に浮かぶわ。

西川くん そうそう。あまり知られてないけど、普段から介護施設を慰問している芸人さんってけっこういるもんな。

松本くん お母さんが入っている施設に、お忍びで慰問に行くとかね。介護施設と芸人は本当に相性がいいんや。そうやって人知れず慰問している芸人さんのことを言えば言うほど、大っぴらに語っている僕らがアコギな芸人みたいやけど(笑)。

西川くん 松本くん、それはたしかにアルな!

(編集協力/ Power News 編集部)

あわせて読みたい

この記事をシェアする

この連載について