認知症、はじめました。

神道の父が浄土真宗のお墓を買うと…? 父が認知症、はじめました

認知症の父親をもつイラストレーターが、日々のエピソードを漫画にしました。お墓を買った両親。父さんは宗教改革だっていうけれど?

認知症、はじめました44「宗教というもの」
「それにね、父さんちは神道じゃない?」
「そこのお寺は浄土真宗なんだけど、別の宗派の人でも大丈夫なんですって」
「へえー、あっ」
「だからさっき宗教改革って言ってたのか」父のシュールなボケではなかった
あれ、でも「改革ってことは、このたび浄土真宗になるってことなの?」「そうよ」
「ふーん、そうかあ」
「お父さんて」
「こだわりなかったんだねー」意外なような、納得なような

 

次の回〈45〉のお話:むかし担任いま住職。墓が欲しけりゃまず面談

前の回〈43〉のお話:実録!両親が墓を買った理由!それは…

あわせて読みたい

この記事をシェアする

この連載について