みんなが心開いて「素」になれる場所 

千葉県の農家から「カボチャ」を売って欲しいと依頼された男たち~DAYS BLG! の活動報告

売り切った達成感漂う後ろ姿なのか、寂しい後ろ姿なのか……
売り切った達成感漂う後ろ姿なのか、寂しい後ろ姿なのか……

今回のDAYS BLG!(以下、BLG!)活動報告は農業を通じ、社会復帰プログラム(病気や怪我などの諸事情で社会から切り離されてしまった方に、再び社会へつながってもらおうとする取り組み)を提供している千葉県の株式会社の農家さんより「カボチャを売ってほしい」という依頼に応えたメンバーさん(BLG! は「利用者」という言葉は使いません)のお話しです。
送られてきたカボチャは1個あたり1.3Kgの「九重栗」という品種で、段ボール1箱分ありました。送料を入れて計算すると1個当たり¥600で売らなければなりません。
「それなら始めは¥700と伝えた方がいいな」
「市場価格は調べたのか?」
「高いだろう!」
「でも今年のカボチャは高いぞ」
売りに歩く前に、こんなやり取りがメンバーさんの間で起きました。それにしても立派なカボチャです。「私が買いたいな…」なんていう声もチラホラ。そんな声には耳を貸さずに出発します。セールス相手として想定していたのが4カ所。地域包括支援センター、ケアセンター、レストラン、病院です。まずはレストランに向かいました。
「本当にホクホクして美味しいカボチャだよ」
「本当は900だけれど、こっちが泣いて800にしてやるよ」
これには前田もびっくり!!当初は700という話をしていたのに、いきなり900でスタートしていました。更には2個も売りこむという荒技で、課題を乗り越えていくメンバーさん。結局1個800で売れました。そして次は病院です。

「美味いんだから、一度食ってみ?」
「こっちの懐も痛いんだから、痛み分けで¥800でどうだ?」
これまたびっくり!!そして何と、残りすべてを売り切るという超荒技。結局1個700で完売、残りの2箇所まで辿り着くことなく終了…。なんと逞しいメンバーさんなんだろう。満面の笑みを浮かべて「これで茶菓子代くらいにはなったろ?」とどこか得意気。

今回のカボチャは9個なので、利益は¥1,100です。これを一緒に売り歩かれたメンバーさんたちで分配すると1人当たり数百円の謝礼となります。しかし、メンバーさんは充実されて「今日はとてもいい経験をさせてもらった」という感想でした。いやいや、こちらがいい経験をさせていただきました、と前田の心で呟いていたことは言うまでもありません。

あわせて読みたい

この記事をシェアする

この連載について