認知症、はじめました。

坊や〜よい子だネンネしな♪ カフェだけど〜父が認知症、はじめました

認知症の父親をもつイラストレーターが、日々のエピソードを漫画にしました。周りを見渡すとドキドキだけど、良い時間が過ごせましたね。

認知症、はじめました40「思いがけず」
「お茶をのんでいこう」「ねっ」いいけど
駅近くのこじゃれたカフェへ。いらっしゃいませー。店が若くてうく
「鬼が出てくる昔話って何かしら。3つ出てくる?」
「鬼?」「自然食品のお店でね、ときどきクイズがでるの」
「えーと『桃太郎』、あと『一寸法師』」
「『泣いた赤鬼は』昔話じゃないか・・・」
「ひろすけ童話か」「あれはいかにも東北の人の話よね〜」
思いがけずここ数ヶ月でいちばんのだんらんでした。

次の回〈41〉のお話:言いたいことだけ言って切る それが俺流

前の回〈39〉のお話:補聴器?今日はこれぐらいにしといたるわ

あわせて読みたい

この記事をシェアする

この連載について