今日は晴天、ぼけ日和

「適当」は人それぞれ「淡々と」は強さの証し。独りになって歩む時間

《介護施設で働く漫画家、高橋恵子さんの絵とことば。じんわり、あなたの心を温めます。》

独り身。

「母ちゃんがいなくなって、85歳で独身さ」…そう、おどける人がいる。

ひとりで暮らすこと。

毎日の買い物は、歩いて5分のスーパー。代わり映えのしない、お惣菜を買って夕食だ。

ひとりになっても歩いてゆくこと。

日々を淡々と暮らす、強き人。

「できないことはやらないけど、できることはやるよ」

このマンガのモデルになった、男性の言葉です。

たまに来る、遠方のご家族や訪問介護ヘルパーからすると、散らかった部屋のだらしなさが目につくかもしれません。

けれど、自分の「適当」を見つけて暮らすこの男性は、
今日も身軽にひとりの日々を過ごされています。

《高橋恵子さんの体験をもとにした作品ですが、個人情報への配慮から、登場人物の名前などは変えてあります。》

前回の作品を見る

あわせて読みたい

この記事をシェアする

この連載について