今日は晴天、ぼけ日和

箸からスプーンへそして…それぞれの「好きに食べる」を応援する介護

《介護施設で働く漫画家、高橋恵子さんの絵とことば。じんわり、あなたの心を温めます。》

「ほら、スプーンで食べて」

認知症を深め、箸を使えなくなった園子さんに、娘さんはスプーンを用意した。

「もう、好きに食べなよ」

けれどスプーンも、使いづらくなっていた園子さん。娘さんがこの言葉をかけるまでには、勇気がいったという。

あなたの毎日を、私はどう応援できますか?

試しながら、悩みながら、私たちはそれぞれの幸せを探していく。

誰しも介護のやりかたに、行き詰まることがあるでしょう。

このマンガは、手づかみの食事をすすめるものではありませんが、

介護者が、自身の視点を変える勇気をもつこと。

それは被介護者の、あるがままの日々に添う可能性になるかもしれません。

《高橋恵子さんの体験をもとにした作品ですが、個人情報への配慮から、登場人物の名前などは変えてあります。》

前回の作品を見る

あわせて読みたい

この記事をシェアする

この連載について