今日は晴天、ぼけ日和

何度も繰り返す、認知症の人の思い出語り。本当にいつも「同じ話」?

《介護施設で働く漫画家、高橋恵子さんの絵とことば。じんわり、あなたの心を温めます。》

「俺さ、こーんなおっきい鯛、釣ったことあんの!」誰だってとっておきの話がある。

木村さんはその話をするとき、イキイキされる。きっと、一番幸せな思い出なのだろう。

「おっきいやつ、釣ったの」口数がへってもその話は、とっておき。

年を重ね、木村さんのお話は短くなっていった。そして、ついにそのお話もされなくなった。

今は、私のとっておき。「大きな鯛を釣られたんですよね」

とっておきの話がある方は幸運だ。何度でもその幸せを呼び起こせる。

認知症を深めた方が、同じ話を繰り返すことがよくあります。
でも本当にいつも「同じ話」なのでしょうか?

よく伺うと話のベースは同じでも、
その日によって状況のとらえ方が変わっていたり、
内容が足されていたり、引かれていたりします。

繰り返されるお話は、介護者がその方の今を知る、入口になると感じています。

《高橋恵子さんの体験をもとにした作品ですが、個人情報への配慮から、登場人物の名前などは変えてあります。》

前回の作品を見る

あわせて読みたい

この記事をシェアする

この連載について